Stay beautic~バセドウ病手術後記録

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【帝京病院】手術~当日~

AM8時20分・手術当日


朝起きると、友人や(他の)ブログへのコメントで大勢の方から励ましメールが届き!!その返信を5分前までしていて慌しかったです。「T字帯」というフンドシを着用して着替えて帽子をかぶり病室で待機。

ほぼ時間ぴったりに看護師さん2名のお迎え → 手術室に向かいます。

ちょうど父が来てくれました(母は仕事の為後から)、「じゃぁ、行って来まーす」という
さらりとした挨拶でバイバイして、特に緊張もそれほどなく、なんだかものすごく手術着がスースーすることばかり気になる私。。
たどり着いたのは近未来的な空間で驚き!!
この病院・・・キレイすぎる!!そこにはたくさん手術する人が座って順番待ち状態(笑)



私はそこに放っぽらかし状態で一人ポツン涙

本来「昨日は眠れましたか?緊張してないですか?」とか。。。
きっと声をかけるべき担当のナースは・・・新人ナースの指導に必死でした。


でも、特に昨夜は疲れていたためグッスリ寝たし。
緊張もしてないし、他の患者さんとおしゃべりしてたので問題なし^^



しかし・・・いざ呼ばれると・・・
とうとう来たのね(´Д`;)・・となったけど、そんな事よりも!!!



手術中って一体私どんな姿になっているのか・・・
まな板の上のマグロ状態なのか?私は手術着をもぎ取られ、哀れな姿なのか!?
(((( ;°Д°))))嫌だわ。。


そればかり気になって、麻酔科の女性の先生に聞いてしまいました。。
隠しときますからね^^」と言ってはくれたものの・・・えっ、どこを?? 

実際の所どうなんでしょうか。。。冷や汗




そして手術台へ自ら「よっこいしょ」と乗り込み挨拶し、執刀医のJドクターを待ちます。

ここまで来たら逃げれないので諦め状態です。不安と言うより「興奮」。
私の体には、アッチこっちに点滴や色々な装置がどんどん付け始められ、
自分で見えないのでされるがままです。




そこへ担当のTJ執刀医登場!!!

センセ、来ちゃったわ・・・( ̄ー ̄) とうとう始まるのね・・・


先生はそんなに激励をかけてくれるわけでもなく(笑)、淡々と「頑張りましょう!」と
ただ一言。

そこがまたいいのかも? 頼もしい!!
それだけでもなんだか安心し、私はそのまま知らぬ間に夢の中へ。。。





AM9時~12時 処置など入れて約3時間位で無事手術終わりました!



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

りる

Author:りる
バセドウ病になり、薬の副作用が出てしまった為
2010年4月に甲状腺亜摘出手術を受けました。

術後の経過の記録ともに、明るく^^笑顔でいるために^^

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。